帰化許可申請サポート/全国対応(行政書士・マンション管理士・海事代理士)


あいさつ

当所のHPを開いてくださり、ありがとうございます。
20 年以上の行政書士のキャリアがあります。
テキパキと仕事をするように心掛けています。
気さくで話やすいと言われています。
問合せはケータイ・TEL・FAX・メール等の都合の良い⽅法で気軽にしてください。
よろしくお願いします。

はじめに読んでくださいね!
行政書士との面談は時間のムダ
帰化許可申請は法務局に書類を提出すること
面談時間は書類を調える時間に回しましょう
サポート役の行政書士との連絡はTEL・FAX・メールで充分
★受付までに要する標準日数1か月
★金8万円でフルサポート
★受付後の帰化率はほぼ100パーセント

ムダを省くことで実現している日数・費用・結果
多くの依頼者に喜んでいただいています
●帰化許可申請サポート

「帰化しようとする人」をサポートします。
◆当所の帰化許可申請サポートは
★受付までの標準⽇数は1か月程度
★金8万円でフルサポート
★受付後の帰化率はほぼ100パーセント

関連ページは●帰化許可申請サポート

●帰化許可申請の流れ

次の1から7は「帰化しようとする⼈」が帰化許可を得るために⾏わなければならないザックリとした流れです。

1 相談
(帰化については、住所を管轄する法務局若しくは⽀局が(以下「担当法務局」という)取り扱っ
ています。担当法務局は「帰化しようとする⼈」が国籍法に定めるられている⼀般的な条件を満た
しているかどうかを判断します。その条件を満たしていると判断すれば帰化に必要な書類(以下
必要書類等」という)を教えてくれます。)
必要書類等を集めたり、作成する
(当所は「帰化しようとする⼈」との協⼒により1か⽉程度で書類が調っています。)
3 点検
(担当法務局が必要書類等が調っているかどうかの点検をします。)
4 受付
(担当法務局が必要書類等が調っていると判断し、その必要書類等を受取れば受付になります。)
5 面接
(担当法務局が受取った必要書類等の基づいていろいろとお聞きになります。)
6 許可(不許可)
(受付後の帰化率はほぼ100パーセントです。)
関連ページは●帰化許可申請の流れ

●帰化許可申請提出書類等

次の1から11は「帰化許可申請提出書類等」の主なものです。
1 帰化許可申請書(写真を貼付したもの)
2 親族の概要
3 帰化の動機書
4 履歴書
5 ⽣計の概要
6 事業の概要
7 住⺠票に写し
8 国籍関係を証明する書類
9 親族関係を証明する書類
10 収⼊を証明する書類
11 在留歴を証する書類
関連ページは●帰化許可申請提出書類等

↑ このページの上へ